絶望期



school_iyagaru_boy.png

入学して少したった頃から、不安を訴えて登校を嫌がりました💧


コレ!という理由もなく漠然としていたので、

私は理由をどこかに探そうとしていました。


それを見つけてどうにかすれば、みんなのように学校にいけるはず・・・

今朝は荒れるのか・・・泣き出すのか・・・


休むことが癖になってはダメだと、無理やり引きずって学校へ行きました。




学校につくと、表情が全くなくなり先生に連れられ教室へ。


先生は「学校まで連れてきてもらえると、勉強も交友関係もできていますで。

このまま連れてきてください。」と。



2年の間、優しく諭したり、怒鳴って脅したり、ゲームでつってみたり

学校に行かせるミッションと化していました

周りの人たちの目を気にしている自分がいました。


足を痛がり、頭を痛がり、腹痛でトイレこもったり。

体にも不調が出てきて、


私の中のモヤモヤを発見しました。


やっぱりこれはおかしい!

泣く子を無理矢理連れて行っても、なんの解決にもなってない!



続きます・・・






この記事へのコメント